TOP▲


Polkka Jam(ポルッカヤム)について

Polkka Jamは、Kristiina HaapalainenとSami Vähä-Ahoの二人によって立ち上げられたファミリーカンパニーです。 彼女たちはKuopioで学生時代に出会いました。現在は Kimitoという島を拠点にしています。 Polkka Jamが誕生したのは2002年のこと。 私たちのゴールは、フィンランドの新鮮なデザインと伝統的な手工芸を組み合わせるというものでした。当初全ての製品は私たちの手で1つ1つ作り上げていましたが、今日ではフィンランドの工場によって製造されています。 ただし限定的には、まだ自分たちで手作りの製品を作り上げることもあります。 デザインを作り上げるとき、私たちの周辺環境、例えば町、自然、自宅、スタジオなどからインスピレーションを得て描き上げています。 情熱と長い時間をかけてPolkka Jamの世界を二人で築き上げてきました。 2014年、Polkka Jamは、最も優れたハンディークラフトアントレプレナー賞を受賞しました。

生産

ローカルプロダクションで「made in Finland」フィンランド製であることを大切にしています。 私たちの目標はエンドユーザーに出来るだけ近い製造を維持することに努めています。また自然素材を出来るだけ使うように心がけています。 例えばベッドリネンにはオーガニックコットンを使用し、他のテキスタイル製品にはリネンコットンを採用しています。 テキスタイルの印刷には、水をベースにした100%無害のカラーを使用し、ペーパー製品にはリサイクル紙を使用しています。

環境への配慮

環境に考慮し製造した製品の輸送には、決して飛行機を使用しません。 製品グループの1つであるペーパーアイテムには、100%リサイクル紙のみ使用しています。リサイクルし、紙を使うことによりエネルギーと資源の無駄を削減することが出来ます。 また私たちがの製造委託先は、環境を配慮した製造を行っています。 EUエコラベル・Nordicエコラベル認定の印刷紙を採用し、FSCとPEFCで証明されたTurkuの工場にて印刷されています。 またリネンコットンの生地は、Masters of Linen networkに属するフィンランドのLithuaniaの織物工場で生産されています。 Masters of Linen networkは、ヨーロッパの高品質リネンを推奨している国際組織により認定を受けています。 私たちは出来る限り資源の無駄のない製造をし、リサイクル可能な製品を作り上げています。 私たちのゴールは高品質で長く使って頂ける製品を作り上げることです、それがエコロジカル・フットプリントの削減につながるのです。